キャッシングをする人は職業で比較してみると

キャッシングの審査において職業は極めて重要な要素で、一般的には安定した職業についており、収入が高い人ほど審査に通りやすいといわれています。職業ごとに比較した場合、高い収入の仕事についている人ほど属性がいいというわけではなく、多少安くても公務員等の安定した職業のついている人ほど高評価を得ることができ、審査に通りやすくなります。
しかし年収が高く、且つ安定しいてる人でもキャッシング審査が通りくい職業があり、同業者がその最たる例です。
金融関係には精通しているため、どのように回収されるかも知っており、対策方法を熟知しています。さらに、高い金利で又貸し等する可能性もあるため、トラブルが起こりやすいと思われています。
安定した職業であっても歩合の比率が高い人は要注意です。とくに肉体労働をしている人などはたとえ年収が高くとも、体を壊して収入が得られなくなる可能性も普通の人と比較すると高めです。キャッシングの場合相手が収入を得られなくなっただけではなく、連絡がつかなくなるとほぼ回収が不可能になります。タクシー運転者などの場合、逃げられやすいと思われる点でもマイナス評価を受けます。
離職率が高い職場も同様です。中でも住み込みの人で働いている人は転職することで住所自体が変わってしまい、連絡が取れなくなって逃げられるケースも多発しています。主に旅館やホテル、パチンコ店の店員などがこれに該当します。
キャッシングの審査が通らない人は主に年収や安定性の他、離職率や連絡がつきにくい職業についている方が多いようです。