キャッシングで外貨を調達するときの手数料

日本国内では、キャッシングというと、借金をしているということであまりよいイメージがありません。しかし、外国でのキャッシングはあまり知られていませんが、実はとてもお得で便利なのです。
その秘密をご説明しましょう。
外国に行くと、どうしても現地の貨幣が必要になります。その外貨を手に入れるには、空港の銀行やホテルのフロントなどで日本円を両替します。これは、かなり手数料が高く、国によってもそのパーセンテージは異なるので、交換したときにレートよりもかなり悪い状態で現地の貨幣を受け取ったりした経験のある人もいることでしょう。
しかし、海外旅行の必需品であるクレジットカードを利用して、キャッシングをするという方法もあります。ショッピングや食事に使っているカードをそのまま使用できます。コンビニやホテルにあるATMやキャッシュディスペンサーなどの機械にそのカードを挿入して、暗証番号と利用金額を入力すると現地の貨幣が出てくるのです。こういったキャッシングの手数料は、実際に日本円を交換するときよりも安く、しかも安全であるため、利用すると便利です。その分の請求は後日帰国してから、クレジットの請求と一緒にくることになります。手数料は日割り計算なるので、早い返済日であるほうが、手数料が安くなるので、なるべく早めに返したいものです。
このような外貨のキャッシングは意外と知られていないのですが、知っておくととても便利です。