キャッシングの複数申し込みはすべきでない理由について

お金必要になった時は金融機関から借りることが多いです。
その時に複数の金融機関のキャッシングを利用していると負担が大きくなることがあります。
金融機関からの借入れにはそれぞれ限度額があるので、複数の金融機関から借りれば多く借り入れができそうにみえます。
ただ金融機関から借入れには総量規制があるので、複数の金融機関から借入総額は上限があります。
総量規制とは法律で決められた借入れの限度で、その規制では収入の3分の1以上の借入を制限しています。
そのため複数の金融機関から借り入れをしても、その上限以上の借入れは不可能です。
そして複数の金融機関から借り入れをしてしまうと、返済が大変になりやすく余計な負担が発生します。
お金を借りるときは少額のものほど金利が高くなりやすいので、あちこちで少額の借入をしていると金利負担が高くなりやすいです。
そのような金利負担を避けるためには金融機関のおまとめローンを利用するといいです。
このおまとめローンとは複数の金融機関のキャッシングを、一ヶ所にまとめて返済をしやすくするものです。
複数のキャッシングをしていると返済を忘れたり、金利が高くなることが多いので一括キャッシング申込をしたほうがお得です。
キャッシングをまとめる時は少額で金利の高いものを、他所の借入で返済して数を減らしていくといいです。
そうして借入をしている金融機関を減らして、おまとめローンの一括キャッシング申込をすれば返済が楽になります。