カードローンの審査が甘いことはあるの?

カードローンを利用するための審査は、金融機関が基準を定めて、その基準に沿って行われます。
基準はそれぞれで異なっていますが、共通しているものもあります。
というのも、ほぼ同じ基準の場合もあるからです。

例えば、銀行のカードローンは、たいていは何らかの形で保証会社が付いています。
つまり、銀行が独自に審査をするだけではなくて、保証会社も行うのです。
どちらかというと、保証会社の方が重要だと考えられます。
保証会社もいくつかあるのですが、日本の銀行では消費者金融や信販会社が保証会社になっていることが多いです。

消費者金融が保証会社になっている場合、銀行に申し込んだ場合とその消費者金融に直接申し込んだ場合とでは、結果はだいたい同じだと考えておいて問題はありません。
銀行に申し込みをするためには、その銀行に口座を持っていることや、年収の制限など、いくつかの条件が提示されることはありますから、これらをクリアしなければならない分だけ厳しくはなるのですが、申込の条件をクリアしていれば結果はほぼ同じです。
消費者金融の審査の条件をクリアしているか、どんな基準なのか、理解しておきましょう。
このような事がありますから、基準はそれぞれで異なっていても、保証会社が同じであればだいたい同じようになりますから、一定の傾向はあります。

では、具体的には審査の甘いカードローンとはどういったものがあるのでしょうか。
保証会社が同じならほぼ同じだと考えておいて良いのですから、同じ金融グループであれば、だいたい同じだと考えておくべきでしょう。
ですから、甘いものを探すときには、保証会社がどうなっているのかを比較することが必要です。
消費者金融の中には、保証会社を使わずにカードローンを提供している企業もありますが、これらはどちらかというと審査には通りやすい傾向があります。

特に、あまり規模が大きくない消費者金融はあまり厳しくはありませんから、絶対に落ちたくない人なら中小の消費者金融に申し込みをするのが適していると考えられます。